臥竜の松?

今日も秋晴れ?の清々しい朝です。
日中はかなり暑くなるようですが。
昨日、木曜日は恒例のアロマ教室がありました
ジリジリと焼け付くような夏日でしたね~~

前日水曜日の定休日には、伸びすぎた松の剪定をしました。
外側(道路側)から長いハシゴをかけて大掛かりなものでした。
この松はいつからあって何年生きてるのかしりませんが、とても手がかかる松です



20150909_120752.jpg


以前にも松は生育力が強いので、根っこがブロック塀を突き破り修理もしました
間にもいつも新芽がでると切ったりしてるのですが、どんどん大きくなります。
そしてもう一本、臥竜の松?は門扉の近くにもあるのです。

母が生きてた時は、年二回、専門の剪定師二人で二日がかりで手入れをしてもらっていたようです。
私にはとてもそんな高額な支払いはできません
だから私の代になると、適当に電動ノコで切ったり、とりあえず短くなったらいいという感じです(ゴメンナサイ

お客さんとかにも、いい松だから大事にねとか言われるし、父が植えたものだしやはり大変でもそれなりに維持していこうとは思ってます。

20150909_120844.jpg

知人にもこれは「臥竜の松」(がりょうのまつ)やね~とか言われるけど、よくわかりません。
臥竜の松とは、竜が臥せてる、寝てるように松が地を這うように延べている様のようですが、、、
しかもがりゅうではなくがりょうと読むんですね、、、

うちはブロックの上に乗せてるし、地面に下ろせば地面を這うようにはなりますが、それはどうだかよくわかりません
松の価値はわかりませんが、どの木にしても、そこで生きているものは大事にしてあげたいですね。
きっと私より先に生まれていて私よりも長く生きることでしょう~

ある意味、私の一生を見届けてくれる松ですから大事にしなくてはね

ちなみに「臥竜」とは、、、
映画やゲームにもなって、みなさんご存知の「三国志」その中に登場します、蜀(しょく)の諸葛亮(しょかつりょう)をたとえたものらしいですよ。
天にも昇る勢いや能力をもちながら、じっと横になって寝ている、、、

つまり「すぐれた能力をもちながら、世に知られていない人物」のたとえのようです


スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

プリムローズ

Author:プリムローズ
高知県高岡郡四万十町
アロマ&カフェのプリムローズです。

公益社団法人日本アロマ環境協会 インストラクター
アロマテラピー教室  アロマ&カフェ経営

カフェはモーニング、ランチ、自家製ケーキとブレンドコーヒー、ハーブコーヒー、ハーブ・ティーなど。
エッセンシャルオイルなどのアロマ関連グッズ、ハーブティーや食器なども置いてます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR