プルーストの花園

プルースト効果

これ覚えてくれてますか~?



昨年の6月30日のブログに「プルースト効果」について書きましたが、覚えてくださってる方はいらっしゃるでしょうか?

その頃は私のブログを見てなかった方もいらっしゃいますので、少し書き抜いてみました。
     下記のとおりです~   


ふと、何かの香りを嗅いだ時、なんか懐かしい気持ちになることないですか?

又、その香りから、昔の記憶が甦ったことは?

その現象を「プルースト効果」と言います。

この現象は、フランスの文豪マルセル・プルースト「失われた時を求めて」の文中で、主人公がマドレーヌを紅茶に浸して食べてる時に、その香りをきっかけに幼少時代を思い出す、、、という描写があり、そこからきたものです。



  こんな文面でした。


実は、、、ほんのこの間のことです。
ガーデニングの本を何気に見ていると、、、
後ろのページに他の園芸の本の紹介があり、色んな本の名前がでてました。

その中で偶然見つけた名前、ひときわ目を引いたのは、もちろん「プルースト」という名前でした。
私は早速、その本を取り寄せてみました。

2013043014320001.jpg


この本が届いて、手に取りあまりの美しさに驚きました。
写真とは又違う、花の美しさに感激しました

2013043014320000.jpg

どのページも美しい花たちが、、、

2013043014310000.jpg

この美しい水彩画を描いたのは「マルト・スガン・フェント」という女性です.


2013043014310001.jpg


彼女はプルーストの作品の中からに関する文章のみを選び出し、彼女のイメージする水彩画を描き構成した本なのです。
この画集の中には50種類の花たちが出てきてます。
すべてお見せできないのが残念です~

2013043014310002.jpg

プルーストの「失われた時を求めて」(1913年~1927年)は長編小説ですので、私が読むなんてとんでもない
無理無理
興味はあるんですけどね~、時間的に無理かな~~

いつも私のブログを見て応援してくださってる本が大・大好きの女性がいますので、その方に代わりに読んでもらおうかな~

この本の内容がこんなにきめ細かく花の描写がでてくるなんて、知りませんでした。
小説の中にこれだけ花のことが書けるのは、プルースト自身植物が好きで研究してるんでしょうね。

しかし、これほどまでに花を愛していた彼ですが喘息の持病があり生花に近づくことが出来なかったとか、、、



2013043014310003.jpg


色んな花が好きだった彼ですが、原点は「サンザシ、リンゴの花、キンポウゲ」と最初に出会った花に戻るようです。
2013050620200002.jpg 2013050620200001.jpg
       キンポウゲもサンザシも東方(オリエント)から渡ってきた花


みなさんにもありますよね、子供の頃に庭に咲いてた花や思い出の花が、、、
私の庭にも、昔子供の頃に見た庭の花たちを又ひとつずつ呼び戻していきたいと思ってます

2013043014300001.jpg


又ひとつ私の宝物が増えました

こうして手元に置いていて、時々ページをめくるだけで、気持ちが洗われます

もしかしたら、、、みなさんにもずっと手元に置いておきたい本があるんじゃないでしょうか~


スポンサーサイト

コメント

No title

きれいな画集ですね。

喘息のため生花に近づけなかったので より花に対する
思いが強かったのでしょう。

今日のブログを読んでいて優しい気持ちになりました。
子供の時 小さい「ひなげし」の花が好きだったころを
思い出しました。
戻りたいー。

間違いました。

子供の時好きだった花は
ひなげしではなく
ひなぎくでした。
小さなデージーが好きでした。

Re: No title

デージィーの花が好きだったんですねe-343

確か、昔うちの庭にもあったような気がします。
私が子供の頃に印象に残っているのは、山吹の花やグラジオラス、サツキ、ダリアなどです。
でもなぜかサツキやダリアの花は好きではありませんでした。

そうですね、子供の頃に戻って、昔の我家、庭にタイムスリップしてみたいですねv-206

No title

ほんとに美しい画集ですね。e-266
絵も素敵だけど、ブルーストがどんな風に表現してるのか読んでみたいです。
私も、長編を読むのは自信ないけど、概要を調べると、途中だけ読んでも楽しめそう。
画集を見せてもらって、興味深い所から入っていくといいかもv-410
ブルーストは、長文が多いらしいから、きっと、お花を事細かに魅せてるんでしょうねe-267 
 

Re: No title

そうですね、かなりの長編で、7巻に分かれているようです。
まず1巻「スワン家の方へ」だけでも、試しにお読みになったら感じがわかるかも!?
お花の描写がたくさんでているようですよ v-254

がんばってチャレンジしてみてくださ~いe-348
Secret

プロフィール

プリムローズ

Author:プリムローズ
小さな庭の出来事を、季節の移り変わりと共に語っていきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR