賢者の贈り物 (The Gift of the Magi)

このブログを読んでくださる方は読書家が多いので、当然ご存じかと思います「賢者の贈り物」

2012111819250000.jpg

オー・ヘンリーの短編の中でも、「最後のひと葉」と並んで最も有名なものです。


貧しい若い夫妻、夫ジムと妻デラは相手にクリスマスプレゼントを買うお金を工面しようとする。

妻のデラは、夫が祖父と父から受け継いで大切にしている金の懐中時計を吊るす鎖を買うために、自慢の髪をバッサリ切り落とし、売ってしまう。

一方、夫のジムは妻が欲しがっていたべっ甲の櫛を買うために、大切にしてる懐中時計を質に入れてしまう。


以前、テレビで何かのコマーシャルにも使われてましたからご存知の方も多いでしょう。

                  賢者



このストーリーを改めて読みなおすと日常の雑用などの忙しさに追われ、忘れていた『心』のあり方を問われている気がして心が洗われます。

この間のブログ「キリストとアロマ」
読んでくださいましたか?
この「賢者の贈り物」は、オー・ヘンリーが、東方の賢者がキリストの誕生を知り、贈り物を持って祝いに来たエピソードを下敷きにしたといわれてます。

星  キリスト



原題の「The Gift of the Magi」magiは キリスト降誕を祝いにきた東方の三博士(三賢者)のこと。

新約聖書にある黄金、沒薬(ミルラ)、乳香(フランキンセンス)の3つの贈物、これが世界で初めてのクリスマス・プレゼントとなったといわれてます。

そしてこの短編の中にこんな一説があります

「ところでこの夫妻にはたいそう自慢に思ってる財産がふたつあった。
ひとつはジムの祖父から父に、父からジムへと受け継がれた金時計で、もうひとつはデラの髪の毛だった。
通気口を隔てた向かいのアパートメントに、あのシバの女王が住んでいたとしたら、ある日デラが洗い髪を乾かそうと窓から顔を出しただけで、ソロモン王に贈るはずの宝石や宝物数々が一挙に市場価値を下げてしまうことになっただろう。

またそのソロモン王が、あまたの金銀財宝をこの集合住宅の地下室に押し込め、ここの管理人をしていたとしたらジムが通りしなに金時計を取り出すたびに、羨ましさのあまり顎ヒゲを掻きむしる王の姿を眼にすることになっただろう」


このオー・ヘンリーのユーモアのある文面には苦笑してしまいます
(10月13日のブログには「シバの女王」のことも書きましたね


しかし妻のデラと夫のジムの行為は、お互いが大切なものを失い、お互いのプレゼントが無用なものになってしまったけど、、、
なぜ?、それなのに「賢者」なのか!?
お互いが意思の疎通を怠ったから、こんな結果になったのではないか!?
勝手な思い込みでこんなことをするなんて愚かな行為では!?

こんな時、あなたは言いませんか?
「なんでおまえは私に一言の相談もなしに勝手なことをしたんだ、、、」
「なんであなたは私に尋ねてから、私のほしいものを買ってくれなかったの?」って、、、


それなのに、どこが賢者なの?って、、、
どうでしょうか~

それは、私が出す答えではありませんが、私が思うのに、この夫婦はお互いの愚かさを責めなかったことではないでしょうか?

読んでくださってるあなたは、どんな答えを出されましたか~~?

今年のクリスマスのプレゼント、少し、このお話しを気にとめてくだされば嬉しく思います

                 2012110610010001.jpg



スポンサーサイト

コメント

No title

なかなか考えさせられる話ですよね。お互いを思いあってのプレゼントだったのに、無用のものになってしまった・・・  常に相手を思い合っていれば、世の中、いさかい事は少なくなるのにね。凡人はつい自分中心の考えを、人にも押し付けてしまいますから・・・  いい話を思い出させてもらいました。  

Re: No title

そうですね。
相手を思ってしたつもりが本当は相手のためでなく、自分のためであったことなど、よくあることですね。
みんながそう考えられたら何も争いごとはない世の中になれますけどね。
Secret

プロフィール

プリムローズ

Author:プリムローズ
高知県高岡郡四万十町
アロマ&カフェのプリムローズです。

公益社団法人日本アロマ環境協会 インストラクター
アロマテラピー教室  アロマ&カフェ経営

カフェはモーニング、ランチ、自家製ケーキとブレンドコーヒー、ハーブコーヒー、ハーブ・ティーなど。
エッセンシャルオイルなどのアロマ関連グッズ、ハーブティーや食器なども置いてます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR