キリストとアロマ

めっきり寒くなりましたね~
もうそろそろ街のあちら、こちらでクリスマスのイルミネーションが見られるようになりました。
都会ではデパート、ホテルなどに素敵な大きなツリーが飾られますね
ここ四万十町でもそれなりに、チラホラと、、、



12月25日は、キリストの誕生日です。

、、というのは嘘のようですね。
キリストはいつ生まれたか定かでないのです、、、

                    キリスト



現在のようにキリストの誕生が12月25日に定められたのは、4世紀半ば、コンスタンティヌス帝統治下のローマでのことだったとされています。

当時のローマでは、ほぼ冬至にあたる12月25日を太陽神を祭る祝祭日としていたことに関連してるようですね。
(詳しくは難しくなりますので割愛させてもらいます)

でもキリストの誕生とアロマ、関係あるんですよ~

教室では生徒さんにはお話ししたことがあるのですが、ご存知のない方のためにもう一度、、、

                   星


新約聖書に(マタイによる副音書2章11節)イエス・キリストが誕生した時、星に導かれてやってきた東方の三博士(賢者)が、
乳香(フランキンセンス)、没薬(ミルラ)、黄金を捧げたといわれます。
フランキンセンスもミルラも以前ご紹介しましたね。
2012111611390001.jpg
乳香(フランキンセンス) 樹脂

 
2012111611390000.jpg
                     没薬(ミルラ) 樹脂

乳香(フランキンセンス)は偉大なる預言者
没薬(ミルラ)は大商人
黄金はこの世の権力者を象徴しており、
キリストはフランキンセンスを選んだということです。

(本によっては、ミルラは偉大なる医者、黄金は大商人になってるものも、、)


古代の香料の中でも、最も重要視されていたものがこのフランキンセンスとミルラです。

高価で貴重なもので権力者や高貴な方など特別な人にしか使うことができませんでした。

現在では誰もが手にいれることができるものになりました

精油は液体ですが、写真のような樹脂の場合、これを燃やします。
煙とともに、香り立ち上ります

クリスマスの夜は、ディフューザーに精油を入れるのもいいですが、樹脂に火をつけてみるのもロマンチックですよ~

紀元前に思いを馳せて高貴な方の気分になってみては、いかがですか~~




         2012111312510001.jpg
            キャット・テール、そろそろお家の中に入れてあげなくては。


スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

プリムローズ

Author:プリムローズ
高知県高岡郡四万十町
アロマ&カフェのプリムローズです。

公益社団法人日本アロマ環境協会 インストラクター
アロマテラピー教室  アロマ&カフェ経営

カフェはモーニング、ランチ、自家製ケーキとブレンドコーヒー、ハーブコーヒー、ハーブ・ティーなど。
エッセンシャルオイルなどのアロマ関連グッズ、ハーブティーや食器なども置いてます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR