本日の教室

いつも教室の時は、バタバタで、写真を撮ることを忘れてますが、久々に撮ることができました。
それも、こんなに素敵なお花を持って来てくださったから撮らないわけにはいきませ~ん


本日の教室で、生徒さんが持って来てくださいました~

DSCN2997.jpg
後ろのピンクはオールドローズのデュセス・ド・ブラバン
紫色はエブタイト
手前はフレンチローズでモーリス・ユトリロ
と、教えてくださいました

綺麗でしょう~?
見とれますね、可憐で愛らしく、はかなげで、、、
薔薇は本当に人を魅了する力がありますね


さて、本日の教室ではバスソルト・フィズを作りました。

2012092916590001.jpg
正確にきっちり計ってます。


2012092916580001.jpg
好きな色をつけて、型に入れてます。


2012092916590000.jpg
こちらは乳液作りです。


2012092916580000.jpg
シアバターとザクロの乳液も綺麗に完成しました。

2012092916570002.jpg
お茶の時間、美味しいハーブ・ティーと生チョコ、クッキーなどでほっとひといき~、お話しも弾みます


2012092916570000.jpg
生徒さんが、みなさんにアロマティカスのミニポットをおみやげにくださいました、いつもありがとうございます

2012092916570001.jpg
さっそく店内に飾ってみました

本日は台風の影響の雨の中、遠い所から来てくださり、お疲れ様でした~




スポンサーサイト

肌寒くなりましたね~

朝晩、涼しくなってきましたね
夜は肌寒いくらいですね

お客様も夏の暑い時期はシャワーだけで済まされてた方も、そろそろ湯船にゆっくり浸かり身体を暖めたいとご来店くださってます

そんな方々がお買い求めくださるのが、バスソルト、バスミルクなどです。



2012092412010003.jpg
バスソルトは、発汗作用、デトックス作用、冷え改善など。


2012092412020000.jpg
バスミルクはローズ、グレープフルーツ、ラベンダーの香り、乳白色でお肌スベスベに。

そんなバスタイムにお薦めの精油をご紹介します。
2012092412010000.jpg
オレンジ・スィートは緊張やストレス解消に。
クラリセージは疲れた神経をほぐし、血行をよくして身体を温める。
グレープフルーツ肌の引き締め、代謝アップ。


2012092412010001.jpg
大野見のヒノキもいいですよ~
ヒノキ風呂に入ってる感じでリラックス。


2012092412000001.jpg


リツエアクベバは鎮静作用と気分を高揚させてくれる両方の働きがあるので、ストレス解消に。
レモンは冷えやむくみ解消。
レモングラスはリンパの流れをよくしてくれる。


2012092412010002.jpg
ギフト用、バスソルトとバスミルクのセット。


これはバスタイムに関してのほんの一部の精油の働きです。
精油はひとつの中にたくさんの働きを持ってます。

お薬のように、その作用のために一方通行ということではなく、不足しているところは補充され、足りてるところには、そのまま。多いところは減らしてくれるなど調整をしてくれます

秋の夜長にゆっくりとバスタイム
お好きな香りをいれて、身も心もほぐして、ますます磨きをかけてくださいませ




♫ わたし待~つワン♪

誰を待っているのでしょう~?


raraが耳をピーンと立てているのは、目の前の国道を走る車、止まる車の音を聞いているのです

2012092512210000.jpg



ご主人様はまだ家に居るのに、、、
誰をひたすら待ってるのでしょうか~?
この後ろ姿が健気なので、こっそり隠し撮りです

正面から見ると若いと言われるraraですが、やはり背中は正直です、、、(人間も同じ!?)
丸みがかった背中のラインに11年の年月を感じます

私は人でも動物でも後ろ姿が好きなんです。
物言わぬ背中こそが、雄弁にその人(犬)を語ってるようで、、、


2012092514100001.jpg

玉すだれ、レインリリー

でも遠目からでも毛並みが綺麗でしょう?
じつはこの間、近所のペットサロン、「HARU」さんとこでシャンプーしてもらったのです
シャンプーはもちろん、水が大嫌いなraraですが、HARUさんとこの美人姉妹は上手に対応してくださいました。

そしてHARUさんとこのブログデビューも果たしました~(9月14日のブログ)
       
     http://petsalonharu.blog.fc2.com/

HARUさんとこのブログには、毎日可愛いワンちゃんたちが出てますので、ぜひご覧になってくださいませ





2012092512200000.jpg

            ゼラニウム


今日、火曜日は定休日。
お天気がよくて爽快な気分です。

家の片付けなどして久々に家でのんびりしてます



これハーブ?

生徒さんが持ってきてくださいました~
私は初めて見ました。
生徒さんが色んなハーブを育てていて、色々持ってきてくださいます
本当にみなさん、花やハーブがお好きでよくご存知の方ばかり、、、色々教えてくださいます



2012092116270001.jpg




多肉植物とハーブの二つの顔を持つアロマティカス

スィートなミントに似たとてもいい香り。
中南米辺りでは肉料理に使い、香料としても使われているそうです。
多肉植物でいい香りがして、料理にも使えるなんて、すごい植物ですね~

本当に香りがよくて、パソコンをしてる横に置いていると甘い香りが漂ってきて癒されます

多肉植物はあまり好きではなかったのですが、これは見た目も可愛くて好きになりました~
簡単に増えるそうですから、頑張って増やしてみようかな~
私にできるかな~
寒さには弱く5度以下にならないように気をつけないといけないようですから、冬は寒さの厳しい四万十町、そこが大変ですね

2012092116270000.jpg              
          葉の感触がアイスプラントを思い出します。



お客様や生徒さんがここプリムローズに足を運んでくださること。

たくさんの気持ちを受け取らせてもらってます
それを切に感じます。

みなさんのおかげで、私は成長できるし勉強させてもらってます。
感謝の気持ちを私なりの形にして、お返しできればと思ってま~す



彼岸花

お彼岸が近づくと、必ず咲いてくれるのが彼岸花。

彼岸花


他の花は、その季節の気候に左右されて、早かったり遅かったりしますが彼岸花だけは、毎年必ず律儀なくらいキチンと咲いて彼岸を教えてくれます。


子供の頃はこの妖艶な花が好きになれませんでした。
又昔は日本では不吉であると忌み嫌われる花でもありました。
今は園芸用に改良され、リコリスなど色んな種類が出てますね。

彼岸花、曼珠沙華、リコリスなど、素敵な名前がありますけれど、想思花とも言うのをご存知ですか?

2012092115240000.jpg
         うちの花壇に咲いてます、夕方なので少し暗い写りです。

韓国では「夏水仙」を想思華というようです。

一般的ではないですけど、私はこの名前が好きです。
なぜこの名前がついてるかと言いますと、、、、

彼岸花は先に花だけが咲きますね。
そして花が終わってから葉が出てくるのです。
けして同じ時期に花と葉が揃うことがないのです。
ですから花は葉のことを想い、葉は花のことを想う、、、

もちろん他の植物でもそれはあります。
桜も花が咲き終わって葉がでますものね。
でも、この花だけに名付けられたのです。

2012092115240001.jpg



花は葉の成長のために先に咲き、後から出る葉は来年咲く花のためにたくさんの葉をつけて養分を蓄える。
お互いが共存するためにお互いを思いやる。
そんな風にとれます。

「想思花」 、この呼び方には人の想いをこの花に託す気持ちが表れているように思います。

そう思うとこの季節、この花が咲いているのを見ると、心が和む、やさしい気持ちになれるのです。



パチュリの力 その後。

5月1日のブログ、「パチュリの力」を覚えてくださってますでしょうか?

あれから、毎日夜はパチュリとヒノキの精油を使いました

2012092114510000.jpg Patchouli.jpg


の日もの日も、、、
たまにゼラニウム、ラベンダーとかもブレンドしましたが、ベースはパチュリです。

なんと、あの5月1日から今日まで一度もムカデは出て来ておりません
もしかして、当人が見てないだけで出て来てる!?
いやいや、そんなことはないでしょう~
毎年夏は何匹も見てきたのです。
昨年までは夏は時々帰ってきて過ごしていたのですが、それでもよく出ました。
今年はずっと居ましたが、見なかったのですから、私はパチュリの力と信じたいですね~~


生徒さんも同じくパチュリを使ってる方がいますがやはり出ないと言っておりました。
今年はムカデが少ないのかなと、あるお家の方に聞いてみると、毎日2匹くらいは出てると言うし、やはりパチュリの力があるのでは

2012092115280001.jpg
        お客様にはここでハーブティーを召し上がって頂いてます。



高知、特に四万十町は雨の多いところで、又今年は特にそうでした。
ここ最近まで雨が降らない日がないほど、どんなに晴れていても、突然の土砂降りになったり、、、

カビも今年はすごかったです。
ここ数日、やっとカラッとした天気になり湿度が下がって快適です。
こんな気持のいい日は久しぶりですね~

ムカデは梅雨時とか、ジメジメしたときに出るようにも聞きましたが、もしかしてお天気が悪い方が出ないの?って感じです。


まだ10月が終わるまでは安心できません
まだまだ出る季節です。

そして又来年も試してみて出なかったら、、、、これこそパチュリはすごいって言えますね


2012092010170000.jpg
                    生徒さんから頂いたお花、秋の七草のフジバカマなど。

2012092115280002.jpg 
             フジバカマは乾燥させると香りが出ると生徒さんが教えてくれました。
  








植物の力no.2

植物は生まれた場所で一生を終えることが多く(移植されない限り)、そのためにあらゆる能力、知恵を絞り、身を守り、子孫を残していきます。

そんな植物の力を人の人生に例えた本があります。

「置かれた場所で咲きなさい」

2012091813470001.jpg



ご存知の方もいらっしゃることでしょう。
渡辺 和子さんは85歳のシスターです。
「神様はあなたの力に余る試練をけっして与えません」とおっしゃています。

いかなる悩みにも、試練に耐える力と、逃げ道を備えてくださってると。

そう思うと、すこし気持ちが楽になりませんか?


優しい笑顔と静かなお話しの仕方、柔和なお顔立ちからは、とても大変な過去があったようには見えません。

渡辺さん自身、35歳で学長になられた時に、色々大変で
なんでみんな私に親切にしてくれないんだろう、、、
なんで挨拶をしてくれないんだろう、、、
なんで助けてくれないんだろう、、、
など不平、不満だらけ、、、、でもそれでは不平不満の生涯になってしまうと思ったそうです。

ありゆることで追い詰められシスターでありながら、うつ病になり自殺まで考えたそうです。


又、彼女は子供の頃に2.26事件があり、父親が軍人で自宅で無数の銃弾を浴びて死ぬ父親を目の前で見たという悲惨な過去を持ってます。

父親と過ごしたのは、わずか9年間だったそうですが、その9年間で、一生分の愛情をもらったと、、、

人はやさしくされて、やさしくなれる
愛されて愛することができると


大変な人生の中でも、その礎になっているのは父親からもらった愛情なのかもしれませんね。

「今居るところで、精一杯咲いてみる

今居るところこそが自分の居場所



今の現実に、静かに向きあってみる。

大切なことを教えてくれた、一冊です



しなやかなラインで色とりどりに咲く美しい花たちも、根っこはどっしりと土をつかみ、図太く根を這わし栄養を蓄えようとしてます。

なかなか咲けなくても、根っこにしっかり養分を蓄えましょう~
咲ける日が来るまで


植物の力 no.1

以前にも少しふれましたね、植物の力。
動物と違い、天敵から身を守るために移動することが出来ない植物たち。

たんぽぽが花が終わった後、グーンと茎を伸ばし、種を出来るだけ遠くに飛ばし子孫を残そうとする能力。
美味しそうな赤い実、いい香りの花、鳥や蜂や昆虫たちに遠くに運んでもらったり受粉を手伝ってもらったりして子孫を残そうとする知恵。
それが誘引効果

2012091609360001.jpg 2012091609360000.jpg
                トレニア、雑草のように増えます。よくみると同じ青でもお顔が違うのです。

そして逆に嫌な匂いを出して、虫たちを寄せ付けない働き、それが忌避効果


そして真夏の暑い日も、凍りつくような夜も、あらゆる病気からも身を守るために工夫をしてます。
それが冷却作用や抗菌効果、抗真菌効果などです。

2012091609360002.jpg
                            植えた覚えのないピンクや白は蜜蜂のいたずら?


その場から動くことが出来ない植物たちは能力と知恵を巧みに使い、後世に生き延びていきます。

その力の利用、恩恵にあずかっているのがアロマテラピーですね。
本当に植物の力、恐るべしです

又、その場所で生まれてその場所で咲き、その場所で朽ちる。
それは人間の生き方にも例えることができますね。

次回はそんなお話しもしてみたいと思います


2012091614390000.jpg

                 可愛いハーブのブーケ、生徒さんから。





ナギ(梛)の木

我家にナギ(梛)の木があります。


ナギは和歌山、熊野権現の御神木です。
熊野速玉大社の境内に立つ推定樹齢1000年といわれる大樹があり、今放映されて
いるNHKの大河ドラマにも出てくる平重盛(清盛の嫡男)が手植えしたといわれてます。
(重盛の生誕は1138年なので重盛が手植えしたのなら樹齢は1000年にはなってないことになりますね)




2012091118020000.jpg
右手前の木がナギ

我家のナギの木はテラスをつけることになり、かなり枝を落とされています。
ちょうどここに柱が立つので邪魔になり、昨日この写真よりも半分に枝は落とされ、無残な姿に、、、
魔除けになる木、バチが当たりませんように、、、

2012091117320001.jpg

枝はもっと落とされこの半分くらいに、、、、

ナギの木の分泌する『ナギラクトン』という化学物質があります


この‘ナギラクトン’は他の植物の育成を抑制する成分を持っているとのこと。
しかし、うちのナギの木の周りには、竹がよく茂ってます、この竹も生命力が強いからでしょう。

奈良の春日神社の鹿の食害ではナギの木は残ったのはこのナギラクトンの影響といわれてます。

アロマテラピーでもこの植物が分泌する化学物質のもつ抗菌作用などが利用されているようです(生活の木には、ナギの精油はありませんが。)
以前ご紹介した「カヤの木」の香りと少し似てますね。


2012091117320000.jpg



ナギの葉はご覧のように葉脈がこんな風になってます。だから葉を横に裂こうとしても裂けないことから縁が切れない「縁結び」のご利益があるとか、、、
又海の「凪」にゴロ合わせして、航路の安全のお守り、笠や袖に入れて帰りの道中の安全のお守りとして使われていました。


2012091117310004.jpg


昨日、枝をたくさん落とされたナギがかわいそうで、プリムローズ店内に持ってきました。
そして今朝のNHKの「あさイチ」でも偶然「ナギの木」のことが話題に上がってました。
2012091409560001.jpg

「平清盛」に北条政子役で出演している女優の「杏」さんが、撮影中は必ず腰にナギの葉を差してるそうです。
源頼朝と政子はお互いがナギの葉をお守りにしたものを身に付けていたそうで、自分が役になりきるためにそうしてらっしゃるようです。

熱海市の伊豆山神社では、縁結び「ナギの葉守」として売らていますね。

プリムローズ店内もみなさんとの良いご縁と安全のお守りとしてのご利益がありますように

この葉を一枚、お守りとして身につけておきたい方、どうぞプリムローズへ
又良きご縁のほしい方もどうぞ


自分の歌を歌う

本日(9/11)、火曜日は定休日で~す



最近、私が忘れていたこと
音楽を聴くということ
そこから見えてくるもの、、

日常の中で音楽はいつも流れています。
車の中で、、、でも色んな事を考えながらの運転中。
店内で、、、
カフェでも、、、
聞き流している私には、それらは、雑音、騒音と変わらない感じかも、、、
たまにラジオから懐かしい曲や好きな曲が流れてきて耳を澄ますこともありますが、、、

この間、生徒さんとハーブティーを頂きながら音楽の話しをしていて、彼女は最近よく車で「カーペンターズ」を聴いてるとのこと(彼女の場合は心に響いているのです
ああ、カーペンターズはいつの時代になっても新鮮でいいですよね~とか話してたのです。

確かに「香り」は心と身体の癒しの手助けをしてくれます。
でも、食事や適度な運動、趣味や仕事などのバランスも大切ですね。

その翌朝のことです
久々にカード占いをして「音楽を聴きましょう」と出たのです(ミーハーですから

「そうだ、音楽を聴こう
窓を開け放し新鮮な朝の冷たい空気をいれながら、久々にCDを聴くことに。
それが又偶然にも前日彼女と話した、「カーペンターズ」が入ってたんです。(もう数ヶ月前から入れたままだったんですね~)

ヴォーカルのカレンの透き通るような声を久々に聴き、心が洗われるようでした。
うろこがポロリと落ちたような、、、


難なくこなしているように見えても、時には心が折れそうな出来事もあります。
いろんなことが重なると、自分らしくあることが難しくなることもあります。
そんな時は、やはり心をクリアに出来る環境に自分を置かないといけないですね。

そうしないと、それは怒りや苦しみ、愚痴や不満など、、、
パンドラの箱は開けてはいけません
箱からは最後に「希望」が出てくると言うけれど、「希望」は自分で見つけましょう~


カーペンターズを聴いていて思い出したこと、、

これは作家の落合恵子さんが書いてくださった言葉です

2012090616530000.jpg


15年くらい前に落合恵子さんの講演に行きました。
私の抱いてたイメージとは違い、とてもいい雰囲気で、素敵な大人の女性という感じでした
講演の内容も心にしみるお話しでとても感動しました。
機会があれば、もう一度お会いしたい方です。

講演の後、落合さんの新刊の発表と販売を兼ねたサイン会がありました。

来られていたみなさんは、当然落合さんの新しい本を買い、それにサインをして頂きます。
もちろん私もそうしたかったんですけど、なんとお財布を忘れてきてることに気がつきました
しかたがないので、バッグに入れてきた落合さんが昔書かれた古い文庫本を、、、

落合さんは心良くそれにこう書いてくださいました

「自分の歌を歌う」


本の題名「バーバラが歌っている」に合わせて、咄嗟に思いつき書いてくださったのでしょう~ (さすが作家さんですね~)
ですから他の方とは違う私だけのために書いてくれた文面なのです

この文面は、こう語っているように思います。
「あなたはあなたの歌を歌ってますか?」
「歌を忘れたカナリアになってませんか?」


周りのことばかり気にしすぎたり、自分を殺すことばかりだったり、色んなことに振舞わされたり、色んな言葉に傷ついたり、、、
自分らしくありたいのに
そうなれない時ってありますよね


そんな時は綺麗な音楽を聴いて心をクリアにしたいですね。
心のヒダに溜まった澱を洗い流したいですね~


このブログをいつも読んでくださってるあなたは、自分の歌が歌えてますか?

近いうちに、お友達とある演奏会に出かけます。
それが楽しみです

じっくり音楽を聴きたいです。
心をクリアに。
心をニュートラルに。
2012083017340001.jpg
                 生徒さんが頂いたアジサイを秋色アジサイに仕上げてみました




お店の様子

9月1日にリニューアルオープンしましたチャレンジショップの店内です。

2012091011090000.jpg

お客様も前に比べて、広々として明るくなったねとおっしゃってくださいます



2012091010540000.jpg
プリムローズ内に置かれたミニテーブルでお客様にハーブティーをお出ししています。

2012091010540001.jpg

昨日生徒さんがお花を持ってきてくださいました。
生徒さんが時々立ち寄ってくださることが私はとても嬉しいですね
一緒にお茶を飲みながらおしゃべりするのが又楽しいです


2012091010530000.jpg

2012091010530001.jpg
          ステンドグラスも布のパーテーションをバックにすると違う雰囲気に。

2012091012550000.jpg

本日は四万十市の情報誌「はたも~ら」さんの取材を受けました

日本人の愛する風味

日本人は食事をする時に、目で楽しみながら舌で味わうといいますよね

京料理、懐石(会席)料理などがその代表でしょうか?


(9月に入り秋めいてきましたので、少し時期がずれてますけど、、、)
2012082823320000.jpg
うちわを器に見立てて、、、涼しさが伝わります

2012082823300000.jpg

鱧のお吸い物、蓋を開けた瞬間、ぱっと花火が目に入る、心憎い演出です。


確かに目でその色彩や形を楽しみますが、匂いを忘れてはいけません。
匂いがあるからこそ、美味しく味わえるのですよね。

風邪などで鼻が詰まってる時、匂いがわからなくなっている時、美味しい物も味が半減してますよね
嫌いな物をお母さんに叱られながら、渋々食べている子供さんは、鼻をつまんで食べていますよね
鼻をつまむことでその匂いをシャットアウトさせ、なんとか食べようとする本能的なものですよね。


又、目を閉じて鼻もふさいで、豚肉と牛肉を食べた場合、どちらの肉かわかなくなると言いますが、、、本当かな、、、
舌の感触(食感)で区別つかないかな、、、とも思いますがそんなこと試してみようとは思わないから、わからないですね、、、

でも、それだけ匂いは味覚にも影響を与えているのですね。

嗅覚、味覚の感覚情報はともに脳へ送られ、脳で1つに統合され「風味」として認識し味わうことができます。

では風味とは、、
洗練された味、味わい、香りで味う味のことです。

日本人がとても大切にしてることですよね。


塩味、苦味、甘味、酸味などの味覚は、嗅覚がなくても感じられるようです。
でも、複雑な風味を味わうには、味覚と嗅覚の両方による認識が必要です



以前にも「閾値」のお話しをしましたように、年齢と共に、嗅覚も味覚も「閾値が高く」なります。

だいたい50代からその兆しが、、、
それはしかたがないことかもしれないですけれど、いつまでも美味しく食事をしたいですね。

そのためにも心と身体、そして歯の健康を保ちたいですね


2012090408360000.jpg


お休みは嬉しいことがいっぱい♫

本日は定休日でした。

ここんとこ忙しくて心ここにあらず状態でした
おまけにリフォームの片付け、掃除などでずっと手を使ってるから、左手の親指付け根が腱鞘炎を起こしてしまい、それをかばうために右手ばかり使ってたら、右手までも、、、
雑巾はしぼれないし、一冊の本さえ持ち上げられなくなり、痛みをこらえての家事労働です。
次から次へと難題はあるし、さすがの私もまいりました~

そんな中今日は4つもいいことがありました~

まずひとつはこれです
生徒さんがバジルを鉢ごと持って来てくださいました。
私がバジルをどうしても育てられないダメにしてしまうと話してたので、持ってきてくださったのです。

この優しさがとても嬉しかったです

2012090420280002.jpg

ハーブの中で私はバジルが一番好きです。
パスタに、ピザに、サラダに、大好きな食材です

そして、いざパスタを作ろうとすると手が痛すぎて、やる気が起きない、、、
そこで息子が冷製パスタを作ってくれました~
これが2つ目に嬉しかったこと

2012090420280001.jpg
さっそく、頂いたバジルをたくさん摘み取りました、甘い香りで新鮮そのものです


2012090420280000.jpg
息子が作ったバジル入り冷製パスタ アバウトな盛り付けですが感激

そして外出して帰って来ると、荷物が届いてました

作家さんに染付けしてもらった食器です。
お店でご飯茶碗が気にいり、一式揃えたかったのですが取り皿や湯のみ茶碗が揃わなかったので、後日染付けして送ってもらうことにしたのです。


2012090417030000.jpg

あざみの絵が新鮮、斬新だったので、すごく気に入りました。

2012090417040001.jpg
手に添う丸っこさが気にいりました。
2012090417040002.jpg
小ぶりのお茶碗ですから一膳では足りないかもでもお茶碗の内側に絵付けしてるのが気にいってるのです。


2012090417040000.jpg
一枚一枚手書きなので微妙にあざみの形が違うのが又いいです。

いつ届くか心待ちにしてたのでとても嬉しかったです

お気に入りのものを普段に使う、身の回りに置く、物を大切に扱うようになりますね。



そしてもうひとつは、仕事のことでちょっと嬉しいことが
それは結果を出せて、初めてお話しできることですから、そういう日が来るまで待っててくださいね。

そこに至るまでのプロセスなどは、どんなに努力したところで結果が出せなかったら自己満足の世界でしかないですね。
結果がすべてなんですよね。
プレッシャーもありますが、結果報告できるようにがんばってみます


いつも拍手を入れてくださり応援してくださってるみなさんが私の一番の力の素です
そして私より年上で現役で頑張ってる方々を見ると、私ももっともっと頑張らなくちゃと思います




蓼食う虫も好き好き

みなさん、今年は鮎を召し上がりましたか?
もしかしたら、うなぎを召し上がる方のほうが多いかな?
なんせ土用の丑というのがあるんですから、あちらこちらからのあの香りには誘惑われますよね


ところで「蓼食う虫も好き好き」、、、よくご存知のことわざだと思います。

いえいえ、人の好みのお話しではありません、この「蓼」(たで)は日本のハーブです。
日本のハーブは他に生姜、茗荷、ネギ、しそ、山椒など薬味として使われてますね。
後、ふき、ふきのとう、唐辛子、かたくり、よもぎなど、そしてこの蓼(たで)です。

ご存知の方もいらっしゃると思いますが、お刺身の横についてるのが紅蓼です。
刺身に添える紅蓼は見た目も美しいですが、生ものの臭みや毒素を消す役目もあります。

そしてこれも蓼です。
蓼

「柳蓼」、「鮎蓼」と言えばピーンと来る方もいらっしゃるでしょうか?

あまり高知では見かけないですけれど「蓼酢」、関西の料亭などでは、鮎の塩焼きには必ずついてきますね。
(関東の方はどうでしょうか?)

2012090119570000.jpg

「蓼酢」は柳蓼をすりおろして酢を加えたものです。



鮎釣りをする川辺にこの柳蓼が自生しているのですが、他の種類の蓼もたくさんあるようです。
それで柳蓼の見分け方は食べてみると辛いからわかるということです。他の蓼は辛くないようですから。
でも、蓼の名前の由来は、舌をただれさせるほど辛いところから来ているといわれてます
興味のある方くれぐれもほんの少しにしてくださいね

それに、川に自生しているのは蓼虫に好かれて、葉は虫食い状態が多いので、
料理用にはちゃんと栽培用があります。(しかし野生のものほど辛くないようです)

でもやはり私は高知の人間、ちいさい頃から家の前を流れている四万十川で採れた鮎を食べてきたんですから、塩のみで食べちゃいます。
それも料亭で出される用なちっちゃい鮎ではなく、大きな鮎が美味しいですよね


今年も四万十川の鮎を頂きました
そして県外でも頂くこともあり、その時つくづく四万十川の鮎の味と質のよさを知るのです


2012090215500000.jpg
     四万十川


プロフィール

プリムローズ

Author:プリムローズ
高知県高岡郡四万十町
アロマ&カフェのプリムローズです。

公益社団法人日本アロマ環境協会 インストラクター
アロマテラピー教室  アロマ&カフェ経営

カフェはモーニング、ランチ、自家製ケーキとブレンドコーヒー、ハーブコーヒー、ハーブ・ティーなど。
エッセンシャルオイルなどのアロマ関連グッズ、ハーブティーや食器なども置いてます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR