読書の秋 

読書の秋、なんてちょっとおこがましいですが、、
なんせ私は本を片手にベッドに入れば、睡眠薬は要らない、即、爆睡ですから


そんな私でも最近立て続けて読んでいたのが特攻関係。
今年の8月15日の終戦記念日は今までよりは「戦争」について考える日になりました。

68年前のあの日も暑かったんでしょうか、、、、

ある歌がきっかけでたまたま知った本が「出口のない海」、
この題名を見ただけで、読む前からその情景が浮かんできました。
恐ろしくも人間魚雷の話しです。

20131012_103739.jpg

そして「永遠の0」(えいえんのゼロ)
ゼロとは、言わずと知れた零戦のことです。
どちらも映画化されましたね。


小説に書かれた主人公の青年たちは凛々しく、潔く、死を受け入れて散っていくのだけれど、それに至るまでの苦悩や無念は計り知れない。
ぎりぎりまでもがき苦しみ、そして最後は自分なりの命の終わり方を心に決め、旅立つ。
まだ20代なのに、、、
まだ旅立てた者はいいかもしれない、心が定まっているから。
志し半ばというか、、、訓練中の事故、思わぬや病気、整備不良で敵地に辿り着けず海に沈む者など本位でない死もたくさんある、、、

作者は事実を元に、フィクションの主人公を作り上げ、又実在する人物を資料を元に作りあげた、こうであったのではないか、、という心情を代弁している。


今まで戦争を描いた本は目を伏せてきた私でしたが、この歳になってやっと目を向けることが出来たのです。
本当に遅い目覚めです。

こういう本を読んでいると、時代が時代だからしかたないと言えばそれまですが、なんと、今の世の中、選択肢があるんだろう、恵まれているんだろうということです。
こんなに選択肢があるのにもかかわらず、現代病に蝕まれた人達が苦しんでいる。
ここでそれについて書いてますとキリがないので割愛させてもらいますが、戦争では選択肢がないから、ひとつに打ち込めたとも言えるかもしれません。

2013081918430000.jpg


私の父は、特攻隊に志願して鹿児島の知覧にいました。
後、数回先には、自分も飛び立つことになっていた時に終戦を迎えたのです。

叔母の話しによりますと、いよいよ旅立つという日が迫る頃、知覧まで父の両親たちは面会に行ったそうです。
それが8月の初めの頃だったらしく、その数日後が終戦だったようです。

昔、父になんで17歳で特攻に志願なんかしたのか、死んでたら私たちは存在してなかったのに、、、そんなことを聞いたことがあります

父からの答えは、戦争に無知だった私には意外な答えでした。

最近、何気に息子に聞いたことがあります。
「なぜ、おじいちゃんは志願したと思う?終戦にならなかったら死んでいただろうに、、、」
26歳の息子はさらりと、その答えを言い当てました。
戦争の本を読んでる息子には難しい答えではなかったのです。
そして同じ20代で散っていった若者を息子はどう捉えているのだろうか、、、


父が残していた本、今私が読んでます。
戦争

今から20~30年前に出版された本で事実を元に書かれた本ですから、現代の人気作家の書いた本に比べたら読みづらいとこもあります。

父はどんな思いで読んでいたのだろう、、、
もっと色んな話しを聞いてみたかった、、、

これくらいの本を読んだだけでは、まだまだわからないことだらけです。
しかし遅すぎましたね。
聞いてみたいと思うようになった時には、、、
耳を傾ける余裕が出来た時には、親はいないものなんですね、、

今日17日は父の17回忌でした。




2013081710240000.jpg





スポンサーサイト

庭と人生 その2

こんな本に巡り会いました~
帯に書かれている言葉に「私?のこと!?」って思わず手に入れずにはおれなかった本

又表紙の絵が、思わず入って行きたくなるようなアプローチなのです。


2013050411450001.jpg


一般的な園芸の本ではありません。
園芸家でもあるサイコセラピストが書かれた本で、庭造りで精神の安定を求める、庭を人生に例えているような本です。
庭を持っていなくても「心の庭」を作り育てることを薦めています。
お庭をお持ちでない方は、恐れ多いですがこのブログを「心の庭」にして頂けたら、光栄でございます

少し書き抜いてみました~
「なにごとも一生懸命する人は、庭でもがんばりすぎる傾向にあります。気をつけないと、四六時中草取りや剪定に明け暮れかねません。
庭の世話は欠かせませんが、そこで休むこと、植物の成長を観察すること、自然との一体感を味わうことも園芸の醍醐味なのです。
つるバラが少々伸びすぎても、忘れな草が出しゃばりすぎても、落ち葉が散らばっていても結構。植物が自己主張していると考えればいいのです。
あまり整然とした、チリひとつない庭なんてつまらないものです、、、云々、、、」


私も常にそう思ってます。
自然の力は大きいのです、毎日草木は成長し変化してます。
これを私ひとりでやるには、本業を放棄しないとムリです
雑草も花が咲けば、抜かずに楽しんでます

2013052223230002.jpg
ジューンベリーの実を鳥に食べられる前にとせっせとつまみ食い


この間来られたお客様が「懐かしい庭、自然な感じでいいですね~」と。
みなさん、よくそんな風におっしゃってくださいます。(他に褒め言葉が見つからないのかも、、
はい、手入れが行き届かないけど、親が残した木や花をメインに私の好みの木や花を入れていきましたので、、、和洋折衷です、形にはまった庭は好きではないので、、、(、、とかなり言い訳ぽいですけど、、、

2013052223230000.jpg 2013052223230001.jpg
            姫沙羅が咲いたよ、蕾はふっくら桃みたいで愛くるしい~


あまりに無造作な?庭なので、ブログには載せてません。
花の写真は出来るだけアップにしてます。
県外にお住まいの方もたくさんみてくださってるので申し訳ないですが、来ていただいてこそ見て頂きたいのです。
ブログには載らない花や木もたくさんありますので、ぜひ足を延ばしておいでくださることを、いつまでお待ちいたしておりま~~すm(__)m


庭作りと人生を重ねているこの本、最初は読みづらかったけど、読んでいるうちにわかってきました
庭と人生、なんか通じるものがあるなぁと思いました



では、夜の私の庭にも、どうぞ ようこそ~
夜は私だけの庭になっております
2013050319190000.jpg

ライトアップさせると青いもみじが美しいのです。
2013050319180000.jpg




キャンドルを灯して、夜の帳がおりていく様子を見るのもいいもんです
夜の庭をひとり眺めても一度も寂しいとか怖いとか思ったことはないのです。
それどころか、なにかに包まれている安堵感を感じるのです。
2013050521040000.jpg

2013051519190000.jpg
バンマツリも夜は魅惑的に甘い香りを放ちます。


昼間と違う顔を見せてくれる姫沙羅、たくさんの蕾をつけてます。
2013050319230002.jpg 2013050319240000.jpg
                              実が赤くなると鳥に狙われるジューンベリー、夜だけは安心です。


では又、お気をつけてお帰りください~
2013050319190001.jpg



プルーストの花園

プルースト効果

これ覚えてくれてますか~?



昨年の6月30日のブログに「プルースト効果」について書きましたが、覚えてくださってる方はいらっしゃるでしょうか?

その頃は私のブログを見てなかった方もいらっしゃいますので、少し書き抜いてみました。
     下記のとおりです~   


ふと、何かの香りを嗅いだ時、なんか懐かしい気持ちになることないですか?

又、その香りから、昔の記憶が甦ったことは?

その現象を「プルースト効果」と言います。

この現象は、フランスの文豪マルセル・プルースト「失われた時を求めて」の文中で、主人公がマドレーヌを紅茶に浸して食べてる時に、その香りをきっかけに幼少時代を思い出す、、、という描写があり、そこからきたものです。



  こんな文面でした。


実は、、、ほんのこの間のことです。
ガーデニングの本を何気に見ていると、、、
後ろのページに他の園芸の本の紹介があり、色んな本の名前がでてました。

その中で偶然見つけた名前、ひときわ目を引いたのは、もちろん「プルースト」という名前でした。
私は早速、その本を取り寄せてみました。

2013043014320001.jpg


この本が届いて、手に取りあまりの美しさに驚きました。
写真とは又違う、花の美しさに感激しました

2013043014320000.jpg

どのページも美しい花たちが、、、

2013043014310000.jpg

この美しい水彩画を描いたのは「マルト・スガン・フェント」という女性です.


2013043014310001.jpg


彼女はプルーストの作品の中からに関する文章のみを選び出し、彼女のイメージする水彩画を描き構成した本なのです。
この画集の中には50種類の花たちが出てきてます。
すべてお見せできないのが残念です~

2013043014310002.jpg

プルーストの「失われた時を求めて」(1913年~1927年)は長編小説ですので、私が読むなんてとんでもない
無理無理
興味はあるんですけどね~、時間的に無理かな~~

いつも私のブログを見て応援してくださってる本が大・大好きの女性がいますので、その方に代わりに読んでもらおうかな~

この本の内容がこんなにきめ細かく花の描写がでてくるなんて、知りませんでした。
小説の中にこれだけ花のことが書けるのは、プルースト自身植物が好きで研究してるんでしょうね。

しかし、これほどまでに花を愛していた彼ですが喘息の持病があり生花に近づくことが出来なかったとか、、、



2013043014310003.jpg


色んな花が好きだった彼ですが、原点は「サンザシ、リンゴの花、キンポウゲ」と最初に出会った花に戻るようです。
2013050620200002.jpg 2013050620200001.jpg
       キンポウゲもサンザシも東方(オリエント)から渡ってきた花


みなさんにもありますよね、子供の頃に庭に咲いてた花や思い出の花が、、、
私の庭にも、昔子供の頃に見た庭の花たちを又ひとつずつ呼び戻していきたいと思ってます

2013043014300001.jpg


又ひとつ私の宝物が増えました

こうして手元に置いていて、時々ページをめくるだけで、気持ちが洗われます

もしかしたら、、、みなさんにもずっと手元に置いておきたい本があるんじゃないでしょうか~


賢者の贈り物 (The Gift of the Magi)

このブログを読んでくださる方は読書家が多いので、当然ご存じかと思います「賢者の贈り物」

2012111819250000.jpg

オー・ヘンリーの短編の中でも、「最後のひと葉」と並んで最も有名なものです。


貧しい若い夫妻、夫ジムと妻デラは相手にクリスマスプレゼントを買うお金を工面しようとする。

妻のデラは、夫が祖父と父から受け継いで大切にしている金の懐中時計を吊るす鎖を買うために、自慢の髪をバッサリ切り落とし、売ってしまう。

一方、夫のジムは妻が欲しがっていたべっ甲の櫛を買うために、大切にしてる懐中時計を質に入れてしまう。


以前、テレビで何かのコマーシャルにも使われてましたからご存知の方も多いでしょう。

                  賢者



このストーリーを改めて読みなおすと日常の雑用などの忙しさに追われ、忘れていた『心』のあり方を問われている気がして心が洗われます。

この間のブログ「キリストとアロマ」
読んでくださいましたか?
この「賢者の贈り物」は、オー・ヘンリーが、東方の賢者がキリストの誕生を知り、贈り物を持って祝いに来たエピソードを下敷きにしたといわれてます。

星  キリスト



原題の「The Gift of the Magi」magiは キリスト降誕を祝いにきた東方の三博士(三賢者)のこと。

新約聖書にある黄金、沒薬(ミルラ)、乳香(フランキンセンス)の3つの贈物、これが世界で初めてのクリスマス・プレゼントとなったといわれてます。

そしてこの短編の中にこんな一説があります

「ところでこの夫妻にはたいそう自慢に思ってる財産がふたつあった。
ひとつはジムの祖父から父に、父からジムへと受け継がれた金時計で、もうひとつはデラの髪の毛だった。
通気口を隔てた向かいのアパートメントに、あのシバの女王が住んでいたとしたら、ある日デラが洗い髪を乾かそうと窓から顔を出しただけで、ソロモン王に贈るはずの宝石や宝物数々が一挙に市場価値を下げてしまうことになっただろう。

またそのソロモン王が、あまたの金銀財宝をこの集合住宅の地下室に押し込め、ここの管理人をしていたとしたらジムが通りしなに金時計を取り出すたびに、羨ましさのあまり顎ヒゲを掻きむしる王の姿を眼にすることになっただろう」


このオー・ヘンリーのユーモアのある文面には苦笑してしまいます
(10月13日のブログには「シバの女王」のことも書きましたね


しかし妻のデラと夫のジムの行為は、お互いが大切なものを失い、お互いのプレゼントが無用なものになってしまったけど、、、
なぜ?、それなのに「賢者」なのか!?
お互いが意思の疎通を怠ったから、こんな結果になったのではないか!?
勝手な思い込みでこんなことをするなんて愚かな行為では!?

こんな時、あなたは言いませんか?
「なんでおまえは私に一言の相談もなしに勝手なことをしたんだ、、、」
「なんであなたは私に尋ねてから、私のほしいものを買ってくれなかったの?」って、、、


それなのに、どこが賢者なの?って、、、
どうでしょうか~

それは、私が出す答えではありませんが、私が思うのに、この夫婦はお互いの愚かさを責めなかったことではないでしょうか?

読んでくださってるあなたは、どんな答えを出されましたか~~?

今年のクリスマスのプレゼント、少し、このお話しを気にとめてくだされば嬉しく思います

                 2012110610010001.jpg



ネズの木の話

グリム童話の「ネズの木の話」をご存知ですか?

とても残酷なお話です
原版はかなりリアルに残酷なようですから、ここではご存知ない方のために簡単に淡々と書いてみます。

継母が継子(息子)を殺して、スープにして父親に飲まし、父親は実の息子のスープと知らずに美味しい、美味しいと食べます
それを見ていた妹は泣きながらその骨をネズの木の下に埋めるのです。
その木にいた鳥が歌を歌って、継母の悪事を暴き、継母は罰を受けて殺される。息子は生き返る。
こんなお話しです。


だいたい、童話というのはどこの国のものも残酷です。
赤ずきんちゃん、、人魚姫、シンデレラ姫なども本当は残酷な描写があったようですね。
日本では「舌切り雀」「カチカチ山」など、、、

「赤い靴」という題名だったと思いますが、この話しも私にはショックキングでしたね

なぜこんなに残酷な話しが作られるのか、、、
それは教訓となるように作られてるからでしょうかね~~

え~と今日の本題は童話ではなく、ここに出てくる「ネズの木」です。

これはヒノキ科の針葉樹でセイヨウネズと言われるものです。

ネズの木 ベリー


学名がJuniperus communis 、「ジュニパー・ベリー」と呼ばれる木です。

アロマテラピーで精油として使われています。
この果実を蒸留法で精油にしていきます。

お酒を飲まれる方はご存知と思いますが、ジンの香りつけに使われるようですね。

2012093012550001.jpg



アロマテラピーの作用としては、体内の毒素排出、身体機能の向上、筋肉痛、関節痛、冷え、むくみ、肌の収れん作用など。
マッサージやお風呂に入れたりします


これから寒くなってくると関節が痛くなってくる方、スポーツなどの筋肉の疲れ、むくみ・利尿などデトックスのためのマッサージなどにお薦めいたします


私も手の関節の痛みにジュニパーやローズマリーをカスターオイルに混ぜてマッサージしてます。
私の場合は骨が摩耗してずれているので完治することはないのですが、少しは痛みを軽減できるように思います


ジュニパーの精油を使いマッサージをしてると、ふと「ネズの木の話」を思い出してしまうコワ~イ秋の夜長で~す



プロフィール

プリムローズ

Author:プリムローズ
高知県高岡郡四万十町
アロマ&カフェのプリムローズです。

公益社団法人日本アロマ環境協会 インストラクター
アロマテラピー教室  アロマ&カフェ経営

カフェはモーニング、ランチ、自家製ケーキとブレンドコーヒー、ハーブコーヒー、ハーブ・ティーなど。
エッセンシャルオイルなどのアロマ関連グッズ、ハーブティーや食器なども置いてます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR