風邪予防してますか~

風邪やインフルエンザ、ノロウィルスなど流行ってますが、みなさんは大丈夫ですか?
このブログを見てくださってるということは寝込んでない、大丈夫ということですね

この間お子さん連れのお客様が今年はアロマのおかげで家族が風邪を引かずにいるとおっしゃってくれました。
アロマが大好きで、いつもわざわざ来てくださいます
それは奥様が家族の健康管理に気をつけてらっしゃるからだと思いますが、多少はアロマの影響もあるのではないかと思ってます

                    昨年頂いたアロマティカスも元気に育ってます♪
2013021521240000.jpg




14世紀にはヨーロッパで、17世紀頃はイギリスでペストが何度か大流行したようですね。
(本によっては17世紀に南スランスでも大流行したと書かれてます。


ペスト患者を出した家族は外出が禁止され、ただ死を待つだけだったとか。
しかし香水を作る工場で働く人々はペストにかかりづらかったと言われています。

ペストは皮膚が黒くなることから黒死病と呼ばれてました。

ペスト患者の死体から金品を繰り返し盗んでいた泥棒が、ハーブを酢に漬けこんだハーブビネガーを全身に塗っていたためにペストにうつらなかったとか、、、
香料を扱う商人が伝染病にかからなかったというエピソードなどもあります。

ふだんの生活の中で芳香器などで、抗ウイルス性があるティートリー、ラベンサラ、ユーカリ・ラディアタ、ユーカリ・グロブルス精油などをレモンやラベンダーなどと一緒に焚いて風邪予防に心がけるといいでしょう。
それ以外の香りにも免疫力を上げる働きのある精油がたくさんあります。

         
                 デュフューザー(芳香器) 電動で精油を霧状に拡散させます
2013021521480001.jpg



「馬鹿は風邪を引かない」などと昔からよくいわれますが、私は毎年風邪は引かないのです、、
お正月明けくらいに鼻水が出始めて危なくなりかけてましたが、軽い症状のうちに治りました
その原因もわかってたので治すことも早かったです

アロマテラピーを取り入れているお医者様も初期の風邪なら患者様の8割くらいはアロマテラピーだけで治ると言っておられます。



どんなに気をつけていても、公共の施設、人混みの多い所に行けば、どうしても感染してしまうこともあるでしょう。
それを家に持ち帰っても、うがいや手洗いして阻止したり芳香器などで室内の空気を浄化したりと心掛けて予防してほしいですね。

自然療法といわれるもの、アロマテラピー、フラワーレメディー(フラワーエッセンス)、メディカルハーブ、ホメオパシーなどが代替治療として行われています。
ご自分にあったものを取り入れて、心身共に楽になれたらいいですね

もちろん食生活、睡眠、ストレスなど色んなことが絡んできます。
ご自分なりの予防対策に、ぜひアロマテラピーなどを取り入れて健康で美しくあってくださいね~~




この季節にしか使わない白梅の敷物に載せて。
プリムローズオリジナルのローズハーブティーを飲んで疲れを癒すのが最近の日課です~
2013021520250000.jpg



スポンサーサイト

キリストとアロマ

めっきり寒くなりましたね~
もうそろそろ街のあちら、こちらでクリスマスのイルミネーションが見られるようになりました。
都会ではデパート、ホテルなどに素敵な大きなツリーが飾られますね
ここ四万十町でもそれなりに、チラホラと、、、



12月25日は、キリストの誕生日です。

、、というのは嘘のようですね。
キリストはいつ生まれたか定かでないのです、、、

                    キリスト



現在のようにキリストの誕生が12月25日に定められたのは、4世紀半ば、コンスタンティヌス帝統治下のローマでのことだったとされています。

当時のローマでは、ほぼ冬至にあたる12月25日を太陽神を祭る祝祭日としていたことに関連してるようですね。
(詳しくは難しくなりますので割愛させてもらいます)

でもキリストの誕生とアロマ、関係あるんですよ~

教室では生徒さんにはお話ししたことがあるのですが、ご存知のない方のためにもう一度、、、

                   星


新約聖書に(マタイによる副音書2章11節)イエス・キリストが誕生した時、星に導かれてやってきた東方の三博士(賢者)が、
乳香(フランキンセンス)、没薬(ミルラ)、黄金を捧げたといわれます。
フランキンセンスもミルラも以前ご紹介しましたね。
2012111611390001.jpg
乳香(フランキンセンス) 樹脂

 
2012111611390000.jpg
                     没薬(ミルラ) 樹脂

乳香(フランキンセンス)は偉大なる預言者
没薬(ミルラ)は大商人
黄金はこの世の権力者を象徴しており、
キリストはフランキンセンスを選んだということです。

(本によっては、ミルラは偉大なる医者、黄金は大商人になってるものも、、)


古代の香料の中でも、最も重要視されていたものがこのフランキンセンスとミルラです。

高価で貴重なもので権力者や高貴な方など特別な人にしか使うことができませんでした。

現在では誰もが手にいれることができるものになりました

精油は液体ですが、写真のような樹脂の場合、これを燃やします。
煙とともに、香り立ち上ります

クリスマスの夜は、ディフューザーに精油を入れるのもいいですが、樹脂に火をつけてみるのもロマンチックですよ~

紀元前に思いを馳せて高貴な方の気分になってみては、いかがですか~~




         2012111312510001.jpg
            キャット・テール、そろそろお家の中に入れてあげなくては。


シバの女王

シバの女王って聞いて何を思い(思い出し)ましたか?

私が知ったきっかけは、高校生の時の放課後の音楽がこの「シバの女王」の曲でした。
高校生に聴かせるのは、随分大人びたメロディーだなぁ~」と当時でも思いました。

たぶんあの頃は「ポール・モーリア楽団」の演奏とかが流行っていたので、そういう部類だったんだと思います。
毎日のように聞かされたので、かなり洗脳されました
ポール


そして、テレビでも「グラシエラ・スサーナ」という女性が日本語の歌詞で歌ったりしてました。
ぐら


わ~たしはあなた~の愛の奴隷~」この歌詞は強烈な印象がありました。
たぶんご存知の方、懐かしいと思う方もいらっしゃると思います。

実はシバ(サバ)の女王はアロマとの関係もとても深~~いのですよ。

シバという国(現在のイエメンまたはオマーンあたりと言われています)の女王であったこと。
女王の名前はビルキス(又はベルキス)

yemen_ol_map.gif


旧約聖書に「シバの女王はイスラエル王国を築いたソロモン王の噂を聴き、本当に博識のある王なのか、試すために、、、それならば相談事もあり、たくさんの貢物を乗せ、キャラバンで砂漠を何日もかけ、ソロモン王に逢いに行った」とあります。


その貢物というのが、黄金や香料の他、シバの国で採れるフランキンセンス(乳香)とサンダルウッド(白檀)なのです。


ここまでがアロマテラピーの本にも出てくるお話しです

フランキンセンス、木の樹脂で、それを固まらせて、蒸留法にて精油を取り出します。
、、、が、これは紀元前のお話しです、そのまま樹脂の塊だったと思います。
それを薫香という形で焚きしめたりしたと思うのですが、、

2012101211280001.jpg


2012101211480002.jpg
                フランキンセンス(乳香)空気に触れてこんな塊になります。

(サンダルウッドのことは以前お話ししましたので割愛させていただきますが、原産がインド、インドネシアあたりなので、シバの国のものではなかったと思います)

サンダルウッド、フランキンセンスどちらも宗教儀式で使われる神聖な香り、瞑想したり精神を落ち着かせてくれる香り、老化防止など、あらゆる作用があります。
また、その頃は高貴な身分や神に仕える人間でないと扱うことのなかったとても貴重なものでした。


フランキンセンスが大量にとれるシバの国は豊かな国だったことでしょう。

現在でもイエメンの人達にとってフランキンセンス(乳香)は日常生活の一部としてお客様を迎えるときに焚いたり、衣類に焚きしめるようですよ。

ソロモン王を試すために、サンダルウッドなどを献上したシバの女王ですが、、
当然ソロモン王はその価値が黄金に値することを知っており、すべてにおいて噂以上の人物でした。
そしてシバの女王の望みを全て叶えてあげたのです。


これ以上のお話しを、ここで書くのはあまりにも長くなります。
なので、、、ほんの少し~

映画インディー・ジョーンズの「レイダース 失われたアークをご覧になった方もいらっしゃるでしょう~
私は観てないので、その内容に「アーク」の説明があったかどうかわかりません、、、

「アーク(聖櫃せいひつ) 」とはモーゼが神のお告げどおりに作らせた十戒(じっかい)を刻んだ石板を納めた契約の箱です。
ソロモンの神殿に納められていたと伝えられています。

アーク


                                 (アーク」インディー・ジョーンズより掲載



「失われたアーク」
それを紐解くには、ソロモン王、シバの女王に始まり、その息子(エチオピアの最初の王メネリク1世)などに話しは続きますので、歴史の好きな方は、秋の夜長をそれに費やしてみてはいかがでしょうか?


それとも、ビデオを借りてきて「インディー・ジョーンズの映画」をご覧になりますか~


プロフィール

プリムローズ

Author:プリムローズ
高知県高岡郡四万十町
アロマ&カフェのプリムローズです。

公益社団法人日本アロマ環境協会 インストラクター
アロマテラピー教室  アロマ&カフェ経営

カフェはモーニング、ランチ、自家製ケーキとブレンドコーヒー、ハーブコーヒー、ハーブ・ティーなど。
エッセンシャルオイルなどのアロマ関連グッズ、ハーブティーや食器なども置いてます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR